2014年4月20日日曜日

栃木県 佐野ラーメン 「赤見屋」


群馬県伊勢崎市から,高速道路で30分ほど走って,栃木県の佐野市に行きました。

佐野には,行列しないと食べられないラーメン屋さんがたくさんあります。

私は,佐野市の隣,群馬県館林市で生まれ育ちました。

この辺りの地域は,いい水が出る所で,コカコーラやカルピスなどの工場が立ち並んでいます。

その,美味しい湧き水を使ったラーメンで有名になったのが,佐野市。

今日は,佐野の「赤見屋」というお店に行きました。


写真だと道路が広く見えますが,実際には車がすれ違えるかどうかの,狭い道。

「佐野ラーメンマップ」がないと,見つからない場所にあります。


メニューは種類が多いけど,ラーメンとワンタンメンのバリエーションですね。


観光ラーメンでなく,普通のラーメン屋さんなので,かつ丼もあります。

「マヨネーズ冷やし中華」が気になったんだけど,ラーメンを食べに来たんだから,今日は我慢しよう。


私はチャーシューメン。

あっさりしたしょうゆ味。

普通に美味しい。



妻はみそラーメン。

一見,しょうゆラーメンのようなスープです。

サッポロラーメンのような,味噌汁並みにみそ味が濃いものではなく,しょうゆラーメンにみその風味を加えた感じ。

カップラーメンのみそ味に似てます。

普通に美味しい。



この店のラーメンの特徴は,手打ちでちぢれて,太さが不揃いの麺。

細く,平べったくて,ビロビロしている麺は,複雑に絡み合って,その中にスープをたくさん抱え込んでいるんです。

私の生まれ故郷のラーメン屋さんは,もともとみんな,こんな感じのビロビロ麺でした。

この麺が,私のソウルフード。

福岡の人が,「ラーメンには背アブラが分厚く浮いているべし」と語るように,私にとってのラーメンは,「麺がビロビロしているべし」なのです。



美味いかって?

普通です。

この,普通がいいんです。

麺がビロビロしてればいいんです。



ギョーザは,薄い皮がモチモチして,美味しかったですよ。











コメントを投稿