2013年11月17日日曜日

囲炉裏の茶店「鹿火屋(かびや)」

平地では,まだ木々が赤く染まり切っていないので,山に行ってみることにしました。

伊香保温泉のちょっと手前,
「水沢うどんの大澤屋」と
「鹿火屋」です。



13:00過ぎに着いた「大澤屋」は,ものすごい混雑。
大繁盛に慢心しているのか,客の扱いが雑。



杖や車いすで床が汚れるのが嫌なら,床暖房の贅沢なフローリングはやめたらどうですか?



うどんはもっちりとして美味しいのだが,どうにも おもしろくない。



美味しかったけど,残念だった。









気を取り直して榛名湖まで登り,紅葉を鑑賞した後,

今日のいちばんのお楽しみ,「鹿火屋」へ。


榛名湖から伊香保温泉を通り越して,
山を下ること20分。






外には水車小屋。



中には囲炉裏がある,素敵な茶店。



本物の古民家だから,天井は囲炉裏の煙で黒光りしている。




甘酒300円。
くずもち350円。
里芋を炭火で焼いて田楽味噌をつけた「いもぐし」300円。



ラムネもある。



竹馬もあるよ(^^)





今日の妻の名言

1 紅葉の情報をスマホで検索しながら

  「ハルナヤマはラクバだって」

  相撲取りが馬から落ちたのではなく,
  「榛名山(はるなさん)は落葉(らくよう)」の意。

2 あちこちに群れるススキを見て,

  「もう,お花見はおわったけどね(^^)」

  「お月見」の意。

3 鹿火屋の水車を見て
  
  「これ本物? 電気がつくの?」

  昔の水車小屋は,発電機ではない。


コメントを投稿