2013年10月14日月曜日

小さな幸せ

妻が障害を負ったのは10年ほど前です。
最初は,死ぬか植物状態だと医者に言われましたが,そこから奇跡的に回復しました。

病院を出て普通の生活が始まっても,まだ一人で着替えもできませんでした。
私が仕事に出ている間は,一人で家に閉じこもるしかありません。

そこで,休日になると妻を外に連れ出して,散歩させました。
でも,生活がガラッと変わったので,お金がありません。
そんな中でも,少しでも楽しい気分にしてやるために,私がおにぎりを作ってやったりしました。
男が慣れない手で握ったので,カチカチで不味かったのですが,世話をしてもらえる喜びと,外の空気を満喫する楽しさで,妻は大喜びしてくれました。
そして,お金に余裕がある時に,おにぎりのかわりに「たこ顔」のたこ焼きとお好み焼きで贅沢しました。美味しかった。

今,割と豊かな生活ができていますが,夏が終わると,外で「たこ顔」するのはやめられません。

お金が無い時の方が,楽しみを見つけるのが上手になるようです。
コメントを投稿